週刊ホテルレストラン HOTERES WEB

  • TOP
  • ホテル&レストラン
  • 業界コラム
  • ホテルビジネスなんでも相談
  • バイヤーズガイド
  • HITS
  • ホテレス電子版
  1. 大成建設 山内隆司の 世界の風に吹かれて

大成建設 山内隆司の 世界の風に吹かれて(22)
ホテルインドネシアと新羅ホテル

週刊ホテルレストラン 2012年1月27日号掲載

1962年にインドネシアの首都ジャカルタに誕生したホテルインドネシア。79年に韓国ソウルに誕生した新羅ホテル。いずれもその建設に大成建設がかかわっている。数十年にわたり名門ホテルとして親しまれるホテル誕生のエピソードと、人々から愛される続ける魅力について伺った。

 インドネシアの首都ジャカルタのランドマークの一つとなっているホテルインドネシアは、今から半世紀ほど前に、日本の戦後賠償を投じて建設されたホテルで、インドネシア国営の5ツ星ホテルとして、長い歴史を刻んできました。

 1959年にプロジェクトが始まり、工事を担ったのが当社でした。ホテルインドネシアは、当社にとって戦後初めて手掛けた海外工事であり、プロジェクトを成功させるために、いち早くジャカルタに建設事務所を開設し工事に臨みました。建築デザインと構造設計をおのおのアメリカとドイツの技師が担当しましたが、実際の工事に当たっては、当社が大幅な改定を行ないました。特に構造設計については、インドネシアが地震国であることを考慮して、独自の耐震構造計算を行ない耐震性能の向上を図りました。62年8月にホテルが開業。ホテル建設に力を注いだ当時のスカルノ大統領臨席の下、盛大なセレモニーが開催されました。

 長年にわたり国営の国際ホテルとしてインドネシアの人たちの誇りであったホテルインドネシアですが、90年代に入ると施設の老朽化が進み、経営も悪化。ホテルを解体する話が持ち上がりました。しかし、一方で、インドネシア独立に始まる現代史の一部としてホテルを保存しようという機運が高まり、93年には、歴史遺産として保存されることが正式に決まったのです。2004年、ホテルインドネシアは民間企業に売却され、ホテルをはじめショッピングモールやオフィスビルを含む複合商業施設「グランド・インドネシア」として再開発が進められました。ホテル部分はケンピンスキーグループのマネジメントの下、外観をそのままに内部がリノベーションされ、現代にも通用する高級ホテルとして生まれ変わったのです。今でも、ホテルのレストランを訪れると、スカルノ元大統領がケネディ元大統領やマリリン・モンローと一緒に並んだ写真が飾られ、ホテル創建当時の記憶が受け継がれています。

 一方、韓国のソウルにある新羅(シーラ)ホテルは、皆さんもご存じのように、1979年のオープンから30年以上を経た今なお、超名門ホテルの座に君臨しています。実は日本とも関係が深く、ホテルの運営を日本のホテルオークラが委託され、設計を担ったのが当社と竹中工務店との共同チームでした。新羅ホテルの名前は、7世紀に朝鮮半島を統一した新羅王朝に由来し、古代王朝に華開いた伝統と文化を現代的な空間に生かした国際級ホテルとして計画されました。建物の基本設計から、インテリア、家具、照明デザインにいたるまで当社チームが担い、その作業は、工事が竣工する数カ月前まで、5年以上の長きにわたって続けられました。当時、その任に当たった当社のスタッフは、国民性や生産体制、社会機構がまったく異なる中で、想像を超える大変な仕事であったと記しています。新羅ホテルは、時代に適応するリニューアルを経ながら、ソウルオリンピックやワールドカップなどの国際的行事の公式ホテルに指定され、韓国を代表するホテルとして最高の環境とサービスを提供し続けています。

 私たち建設業に携わる者にとって、自分たちが手掛けた建物が国や地域のシンボルとして人々に親しまれ大切にされることほど、大きな喜びはありません。これからも、人々の暮らしやビジネスの舞台となって長く愛される建物づくりに貢献したい、そう願っています。

山内隆司(やまうち・たかし)氏プロフィール
1946年6月12日、岡山県・邑久町(現瀬戸内市)に生まれる。府立天王寺高、東京大学工学部建築学科を経て、69年6月大成建設(株)入社。建築畑を歩き、ヒルトン東京ホテル、そごう川口店、センシティタワーなどを手掛ける。99年6月執行役員関東支店長、2002年4月常務役員建築本部長、05年6月取締役専務役員建築本部長、06年4月取締役専務役員社長室長などを経て、07年4月代表取締役社長、現在に至る。

ついに公開!ホテレス電子版 年間8,000円で!過去1年分の記事が読める!キーワードの検索もできる!トライアル版は無料!

大成建設 山内隆司の
世界の風に吹かれて 連載一覧

  • 山内隆司(やまうち・たかし)氏
  • 山内隆司